「エネルギー基本計画」へのパブコメを出しましょう!

2013年12月20日 12時28分 | カテゴリー: 子どもを放射線から守る, 脱原発と自然エネルギー

12月6日、新しい「エネルギー基本計画」案が示され、同時にパブコメの募集が始まりました。締め切りは1月6日です。

 「特定秘密保護法」が十分な議論も無く、強行採決された日に、さらっとこのような計画が出されるのが今の日本です。

 資料を見ると、原発推進の言葉が次々に出てきます。

原子力エネルギーを準国産エネルギーと位置づけ、基盤となる重要なベース電源としています。核燃料サイクルについては「具体的には、安全確保を大前提に、プルサーマルの推進、六ヶ所再処理工場の竣工、MOX燃料加工工場の建設、むつ中間貯蔵施設の竣工等を着実に進める。」とあります。もんじゅについは「実施体制を再整備する」とのこと。

 2012年夏に民主党政権下で国民的な議論を経て、不十分とは思いましたが2030年までに原発を0にすると決定されたことはいったいどこへ行ってしまったのでしょう?そのときのことはこちらに書きました。

 安倍政権には国民の声を聴く姿勢が皆無なのはさんざん思い知らされてきましたが、次の世代のことを考えるとあきらめるわけにはいきません。今できることは、多くの人がパブコメを送ることです。自分が送った人は、ぜひ回りに広げてください。

パブコメはこちらから送れます。

 ちなみに、私は以下を送りました。

東日本大震災、福島第一原発の事故で未だに10数万人の人が故郷に帰ることができません。その中には永遠に故郷を失った人たちがいます。この事故の原因究明も済んでいないし、事故は収束していません。使用済み燃料の処分方法は確立されていません。今、日本は原発ゼロでエネルギーを賄っているのですから、原発の再稼動はしないでください。福島の事故で原発と生物は共存できないことが明らかになりました。日本の優れた技術で省エネを進め、再生可能エネルギーをベースにエネルギー政策を組み立てください。生物にとって一番大切な空気、水、大地をこれ以上汚さないことが、次の世代に対する大人の責任です。