選挙の封筒 そして選挙

2014年12月9日 09時05分 | カテゴリー: 活動報告

窓もとらずにすべて紙としてリサイクルできる封筒

先日、選挙の封筒が届き、窓の部分がこれまで透明フィルムだったものが、薄い紙になっているのを見て感激しています。10月に行われた決算特別委員会で、この封筒の窓をリサイクル可能な薄紙にできないか質問したところ、バーコードを読み取る必要があるから透明フィルムにしているが、変更可能かどうか前向きに検討する旨の答えをいただいていました。こんなに早く対応していただけて感謝です。

 以前にも書きましたが、杉並区は23区で一人一日当たりのごみの排出量が最少です。

杉並の全野党(共産党を除く)の都議、区議が集結して円より子さんを国会へと遊説 12/12西荻駅頭

ぜひ新しくなった封筒を多くの人にリサイクルに回し、名誉ある最少記録を更新したいものです。

 さて、選挙についてです。東京生活者ネットワークではこの衆議院議員選挙の取り組み方針を定め、それに基づき杉並選挙区では円より子さんの推薦を決定しました。方針で掲げた3つの政策は以下です。

1.脱原発、省エネ・再生可能エネルギー政策を推進する

2.立憲主義に基づいて、憲法を活かす

3.女性議員を増やす

 杉並・生活者ネットワークとして精一杯応援するつもりです。あの「最後は金目でしょ?」発言をした石原伸晃氏に対抗するために、野党と市民の共闘体制もできてきています。ぜひ、いのちと暮らしを大切にできる円より子さんを国会に送りたいと思います。

12月8日円より子個人演説会で応援に駆けつけた樋口恵子さんと