活動報告

”いのち・平和クラブ”で始動しました!

2019年5月27日 | カテゴリー: 活動報告

いよいよ新生議会がスタートしました。区議会では奥田雅子とそね文子は、選挙前と同じく無所属区民派のけしば誠一さん、新城せつこさんと4人で会派“いのち・平和クラブ”を組んで活動することにしました。立場の違いはありますが、憲法 … 続きを読む →

そね文子当選しました! 得票数4,369票でした

2019年4月22日 | カテゴリー: 活動報告

朝から一緒に街頭に立ってくれたり、仕事が終わってから毎日街宣車に乗ってくれたり、住民票は杉並にあるからと関西から投票に来てくれたり、私が当選しないと困ると言って応援に駆けつけてくれたりした、多くの人たちや、力強い生活者ネ … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その12】多様性を認め合い 誰もが居場所のあるまちに

2019年4月20日 | カテゴリー: アジア留学生支援, 子どもを放射線から守る, 子宮頸がんワクチン, 脱原発と省エネ・自然エネルギー, 障がい者や高齢者と暮らす, 食と農業

アジアの留学生支援の仕事を通し、国籍を越えて多様性を認め合う心地よさを実感した私は、出産後、食の安全や環境、持続可能な社会を次の世代へつなぎたくて原発反対運動に関わるようになりました。 3.11直後に初当選し、最初に力を … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その11】空き家を福祉の拠点に

| カテゴリー: 居場所, 障がい者や高齢者と暮らす

杉並区の現在の高齢化率は21%です。全国平均と比べて高くはありませんが、ひとり暮らしが多いのが杉並区の特徴です。団塊の世代がすべて75歳以上になる2025年には区内の高齢者は約1万人増えることになります。 今後進む超高齢 … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その10】特別養子縁組制度をひろげたい

2019年4月19日 | カテゴリー: 活動報告

虐待によって死亡する子どもは生後24時間以内の赤ちゃんが最も多く、しかも実母による場合が60%という状況が続いています。妊娠した女性が医療機関にまったく行かず未受診のまま自分で生んで遺棄するケースも少なくありません。予期 … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その9】親への支援で子どもの虐待を防ぐ

| カテゴリー: 活動報告

今年1月、千葉県野田市で小学4年生の女の子が父親の虐待を受けて亡くなる痛ましい事件が起きました。 女の子は学校で行われたアンケートに「お父さんに暴力を受けています。(略)先生どうにかできませんか」と学校に助けを求め一時保 … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その8】違いを認め合い ともに生きる社会に

2019年4月18日 | カテゴリー: 教育, 障がい者や高齢者と暮らす

2016年7月、相模原市で起きた津久井やまゆり園事件のことを私は決して忘れません。重度障がい者施設で入所者19人が元職員の男に殺害された、戦後最悪の事件です。生産性のない者はいらないという犯人の思想は、経済至上主義にとら … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その7】インクルーシブ教育を進める

2019年4月17日 | カテゴリー: 教育, 障がい者や高齢者と暮らす

不登校の子が集うフリースクールの運営者の方たちからは、時には室外に出て子どもにスポーツをさせたいがなかなか場所が取れないという悩みを聞きました。そこで、区民センターなどの公共施設の使用に区の配慮を求め、さまざまな提案も行 … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その6】不登校の子を支える

2019年4月16日 | カテゴリー: 教育

杉並区内の不登校の子どもは年々増え続け、2017年度は小中学校合わせて355名でした。中学校ほぼ1校分の全校生徒が不登校になっているということです。杉並区ではスクールソーシャルワーカーを10名に増員して対応していますが、 … 続きを読む →

2019そね文子の挑戦【その5】学校に行かなくてもいい、ということ

2019年4月15日 | カテゴリー: 教育

私が議会活動を始めた8年前、息子は保育園に通っていましたが、小学校にあがり、今は中学生です。そんな中で声をかけていただくことが多かったのが、子どもに発達障がいがあり学校でいろんなことに困っている、いじめにあって学校に行け … 続きを読む →